千葉県で狭小住宅を建てたい方向けの注文住宅メーカー3選

公開日:2022/02/21  最終更新日:2022/03/09

「千葉県で家を建てたいけれど、大きな家を建てる余裕はない…」「マイホームがほしいけど、そこまで大きな家は必要ない」そんなときは、狭小な土地に建てられる「狭小住宅」はいかがでしょうか?

一般的なの住宅よりも安く建てられるので、1人暮らしや2人家族にもおすすめです。そこで今回は、千葉県で狭小住宅を建てたい方向けの注文住宅メーカーを3つご紹介します。

狭小住宅の定義や、狭小住宅のメリット・デメリットも解説するので、これからマイホームを購入しようと検討している方はぜひチェックしてみてください。

狭小住宅って?

狭小住宅には明確な定義はありませんが、一般的には狭小な土地に建てられる住宅のことを指します。ミニ戸建てとも呼ばれており、土地の値段が高い都市部に多く建てられています。

三角形や「くの字型」など、特徴的な形をした土地に建てられることも少なくありません。居住に向かない複雑な土地に建てられるケースもあります。

そのため、狭小住宅に対してよいイメージを抱かない方もいます。しかし、デザインや空間設計を工夫して、狭小な土地でも快適な住まいを建ててくれる注文住宅メーカーもあるので、不便さを感じる心配も必要ありません。

狭小住宅のメリット・デメリット

狭小住宅は狭く、小さな土地に建てられることから「不便なのでは?」「住みにくいのでは?」と思われがちです。実際のところ、狭小住宅の住み心地はどうなのでしょうか?

ここでは、狭小住宅のメリットデメリットから、狭小住宅の住み心地やどんな人におすすめなのか、チェックしていきましょう。

メリット

狭小住宅のメリットは、土地代と維持費を抑えながら都市部に住める点です。狭小住宅は基本的に小さな土地に建てる住宅なので、一般的な大きさの土地よりは土地代が抑えられます。

大きな土地の場合に高額になりえる「申請費用」「登記費用」などの費用も安くおさまるので、「費用を最小限に抑えてマイホームを建てたい」という方にはおすすめです。また、毎年支払う「固定資産税」「都市計画税」などの税金が安く済むのも大きなメリットです。

土地が小さい分、冷暖房代をはじめとする光熱費も抑えられます。土地代が高く、需要が高い都市部の場合、一軒家を建てるハードルが高いのですが、狭小住宅であれば人気の都市部でも費用を抑えながら建てることができます。

都市部の駅に近いエリアに建てれば、通勤や通学、買い物の際の移動もスムーズです。そのため、利便性を重視する方にもぴったりでしょう。

デメリット

狭小住宅のデメリットは、建設費用が高くなりやすい点です。土地代や維持費が安くおさまる狭小住宅ですが、家を建てる際にはそれなりの建設コストがかかります。

特殊な形をした土地に家を建てる場合は、土地の形や特徴を踏まえながら、住み手が快適に過ごせるような工夫を凝らさなければなりません。その結果、工事に費用がかかってしまったり、完成までに時間がかかってしまったりすることもあります。

生活動線を意識した間取りの設計、地下室の設置や防音対策、日当たりをよくするための材料選びなど、工夫を凝らすほど費用は高くなります。とはいえ、ランニングコストの観点から見れば、トータル費用はさほど高くありません。

狭小住宅を建てるときは、建設費用とランニングコストを踏まえたうえで、予算に合った工事を依頼しましょう。

株式会社スタジオ・チッタ

スタジオチッタの画像
1つ目は、株式会社スタジオ・チッタです。スタジオ・チッタではお客様の暮らしに対する様々な理想を実現するために、注文住宅、分譲住宅、企画住宅、リノベーション、住まい探し、民泊、インテリア、不動産事業の8つのサービスを取り揃えています。その中で、設計士がお客様のライフスタイルや趣味、思いを丁寧にヒアリングしながら共有し、理想の家づくりを実現できるように尽力してくれるのです。[blogcard url=”
住まいの設計から施工に至るまでオリジナル住宅をワンストップで提供してくれるので、安心して依頼できるのが大きなポイント。下請け業者に全て任せるのではなく、ワンストップで自社のスタッフがサポートしてくれるので、すれ違いなどが起きず完成した後の「こんなはずではなかった」トラブルも避けられるでしょう。
スタジオ・チッタではお客様の「こだわり」を大切にしています。自分たちが住む家ですから、「こだわり」は誰もが持っているもの。しかし、はじめての依頼だとうまく言葉にできないこともあるでしょう。スタジオ・チッタではリラックスできるような空間を心がけているので、話しやすい環境が整っています。気軽にコーヒーでも飲みながら、ライフスタイルや価値観、予算などについて話し合うことができますよ。小さな理想でも丁寧にヒアリングしてくれるので、何でも相談してみると良いでしょう。

ヒラヤマホーム株式会社

ヒラヤマホームの画像
2つ目はヒラヤマホーム株式会社です。CMなどでも宣伝しているため、1度は耳にしたことがある方も多いでしょう。ヒラヤマホームではお客様の喜ぶ顔が見たいという想いから、綿密なコミュニケーションを大切にしています。流行にとらわれず、本当にお客様の理想とする家づくりが出来るように尽力しているのが特徴です。
小さな希望や要望でもしっかり聞き取ってくれますし、実現できるように最適な提案をしてくれます。ただし、おすすめできないものははっきり断りきれる自信と責任を持っています。うやむやに受け入れるのではなく、本当にお客様に納得してもらいたいと思っているからこそ断る勇気も持っているのです。なかなか断る勇気を持っているメーカーは少ないです。断るとお客様が別の会社に移ってしまうのではないかと危惧しているからですね。しかし、できもしない要望をできると答えた結果、結局お客様の満足いく仕上がりにできなくて不満を感じさせてしまった企業も少なくありません。
ヒラヤマホームでは担当者と二人三脚で家づくりができるので、本当に納得できる住宅を叶えられるでしょう。ちなみに、ヒラヤマホームの住宅デザインは基本的に「美しく自然」がキーワードになっています。住む人がどのように暮らし、どう癒されるかを考えながらデザインしており、単なる「人が住む箱」とは考えていません。楽しさや心地よさ、安らぎを提案できるように尽力しているのが特徴です。さらに、ヒラヤマホームではこれまでたくさんの実績を誇っています。ホームページにはこれまでの施工実績が掲載されているので、ぜひ一度チェックしてみると良いでしょう。

dd-cube (ディーディー・キューブ)

dd-cubeの画像
3つ目はdd-cubeです。dd-cubeでは「多層立体空間」にこだわっています。多層立体空間とは法的な容積率制限以上の実用空間を生み出す「立体としての容積量」を最大限に確保した設計のことです。とは言え、法的に問題があるものではありません。広々とした空間の中に、さらに開放感と遊び心を演出する空間設計のことなのです。
ただ単に広々とした空間を作るだけではなく、そこに遊び心を入れることで、よりリラックスできる家をかなえることができるのです。小さな規模の家だからといって、狭苦しい印象を与えるのではなく開放感をうまく取り入れることで、実際の面積以上の家に住んでいるのではないかという錯覚を楽しむこともできます。
また、dd-cubeでは高性能住宅にもこだわっているのですが、お客様に満足してもらうためには経験と実績が必要不可欠です。dd-cubeでは高性能住宅の施工に対し約20年の実績を誇っています。多くのお客様から依頼を受けて、丁寧な施工を心がけ高い支持を得ているのもポイント。これまで多くの実績と支持を得ているので、安心して依頼できると言えるでしょう。
さらに、耐震性能や省エネ性能に心がけているので、強い地震や台風が起きたときでも家族や家の命を守り、毎月の光熱費などを削減した上で毎日快適に過ごせる空間を実現してくれます。特に日本では多くの災害が起きています。世界でも「災害が多い国」と言われているので、災害に強い家を建てたいと考えている方も多いですよね。dd-cubeでは揺れに強い性能を備えた家づくりも叶えてくれるので、強い地震が来ても安心して住み続けられるでしょう。

今回は千葉県で狭小住宅を検討している方のために、3つの注文住宅メーカーの魅力と特徴をご紹介していきました。それぞれ特徴と魅力が違うものの、お客様に対する接客を心がけているのが共通点です。小さな希望や要望でも聞き逃さず、しっかりヒアリングしてくれるので、何でも相談してみると良いでしょう。自分の理想の住宅を実現するためには、担当者との密なコミュニケーションがとても重要なポイントです。コミュニケーションがしっかり行われていなければ、理想の仕上がりを実現することはできないでしょう。今回ご紹介した3つのメーカーはスタッフ対応の質も良いので、丁寧にヒアリングを心がけてくれます。担当者と二人三脚になりながら、ぜひ理想の狭小住宅を手に入れましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

田中住プランニングは「ご家族が健康で幸せに暮らせる家づくり」をモットーに、自然素材を使った家を適正価格で提供しています。そんな田中住プランニングが大切にしていることは「依頼者のこだわり」です
続きを読む
きりんホームは、東京都港区を拠点としており、注文住宅の設計および施工を行う建設会社です。神奈川県横浜市に営業所があり、千葉県君津市には住宅展示場を公開しています。住宅の販売範囲は首都圏をはじ
続きを読む
「千葉県で家を建てたいけれど、大きな家を建てる余裕はない…」「マイホームがほしいけど、そこまで大きな家は必要ない」そんなときは、狭小な土地に建てられる「狭小住宅」はいかがでしょうか? 一般的
続きを読む